2019年12月08日

三木稔ゆかりの作曲家コンサート 〜8年目の命日〜

A6807589-992C-4075-A1B5-82B2C3B14D60.jpeg

三木稔が逝去し本日12 月8日で8年になりました。
早いものではありますが、作曲家と言うのは作品が生き続けているので、姿は見えずとも常に魂が音楽と共に語りかけているような月日でした。

洋楽、邦楽問わず、多くの機会で演奏をしていただいている事に感謝すると共に、三木アイデンティティを絶やさぬよう努力せねばいけないと感じています。

さて近い案内ではありますが、演奏会の お知らせです。

2020 年になると三木稔生誕90年になりますが、先駆けて、彼自身が創設した団体による定期演奏会のお知らせです。

邦楽創造集団オーラJ 第37回定期演奏会
〜三木稔ゆかりの作曲家たち〜

日本の楽壇黎明期を創った池内友次郎、伊福部昭は三木の師でもあります。やはり門下であり戦後の日本人作曲家の中から、三木の朋友でもある作曲家と、次世代の三木の弟子にあたる作曲家の作品を集めてお送りする演奏会です。

今回の構成は法人作曲家研究と実演に余念のない西耕一氏
彼のラナーノーツと共にコンサート情報を記します。

多くの方々に来場いただきたいです。

三木音楽舎 榊原

コンサートによせて(西耕一/企画構成)

オーラJの定期も第37回をむかえた。今回は日本の現代邦楽作曲史を形作ってきた一人である故・三木稔を中心に、オーラJの未来を担う作曲家を聴く。加えて、戦後の日本作曲界に大きな道を示した伊福部昭、池内友次郎に師事した作曲家の作品もとりあげる。つまりは三木稔の作曲仲間、同じ師匠を持つ兄弟弟子と言えよう。それぞれに独自の活動を行った作曲家が、日本の楽器へどのようなアプローチを行ったか改めて聴くことでその可能性を検証したい。また、今回は、洋楽器であるヴィオラをゲストに、東西の弦楽器の共演として21絃箏とヴィオラのための作品も上演する。ヴィオラは、伊藤美香が客演する。

2019年12月16日(月)19:00開演 豊洲シビックセンターホール

●伊福部昭、池内友次郎門下の作曲家(三木稔と同門)

黛敏郎 作曲
阿吽
小鼓:望月太喜之丞 太鼓:若月宣宏 笛:松尾慧

今井重幸 作曲
農楽舞
箏:小林道恵 ヴィオラ:伊藤美香

真鍋理一郎 作曲
長安早春賦
箏:藤川いずみ  ヴィオラ:伊藤美香

●三木稔の作品

三木稔 作曲
流琵
琵琶:櫻井亜木子

三木稔 作曲

指揮:榊原徹 尺八:阿部大輔 三味線:野澤徹也 琵琶:大上茜
箏:松村エリナ 十七絃:重成礼子 打楽器:望月太喜之丞

●三木稔の後に続くオーラJの作曲家

マーティン・リーガン 作曲
Becoming Water (新作初演)
箏:松村エリナ 尺八:阿部大輔

橘川琢 作曲
箏抒情組曲集第一集 「冬」 (新作初演)
箏:木村 玲子

清道洋一 作曲
序奏と狂想風オスティナート (新作初演)
箏:篠塚綾 十七絃:桑子裕子 尺八:本間豊堂

■チケット販売 カンフェティチケットセンター
全席自由(一般):3,000円(税込)
https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=55228

■電話販売
カンフェティ 0120-240-540 平日 10時~18時
オーラJ 03-3749-3741

■プロフィール
西耕一
日本の作曲家を専門に企画・プロデュース・執筆を行う。これまでに放送局、大学、研究機関の依頼による企画協力や、プロオーケストラのプログラム解説執筆で評価される。 近年の主な仕事として、日本の管弦楽曲100周年、伊福部昭百年紀シリーズ、芥川也寸志生誕90年、渡辺宙明卆寿記念、佐藤勝音楽祭、菊池俊輔音楽祭、渡辺岳夫音楽祭、黛敏郎メモリアル、チャーケストラなどをプロデュース。代表的執筆はヤマハ「日本の音楽家を知るシリーズ 黛敏郎、團伊玖磨、芥川也寸志」解説など。スリーシェルズ代表。

■Aura-J オーラJ
オーラJは、1998年に創立以来、年間2~3回の定期演奏会を開催してきた。
定期演奏会以外でも、日本各地での公演活動の他、文化庁「本物の舞台芸術体験事業」に参加、2006年に創立された「北杜国際音楽祭」の一角を担う演奏団体としての活動、また「全国現代邦楽合奏団コンヴェンション」を主催しつつ、アマチュア合奏団興隆へのホスト団体として重要な役割を果たしつつある。
世界の音楽を豊かにするために、邦楽器を基調に、アジアや西洋の楽器、及び声楽を含む作品を、日本人のみならず外国人作曲家にも精力的に委嘱。
邦楽・雅楽の流派を問わず、また、アジア人や西洋人であっても、日本の楽器でプロフェッショナルな演奏活動、作曲・研究活動を志す人なら、団員や研究生として歓迎している。

関連URL

オーラJ
http://www.ora-j.com/

西耕一Twitter
https://twitter.com/johakyu_

スリーシェルズ
https://www.3s-cd.net/
posted by ST at 17:16| Comment(0) | その他 | 更新情報をチェックする

2019年09月05日

三木那名子永眠

2009年7月.JPG

事後報告ばかりのブログになりますが、
本年5月5日に、三木稔妻那名子が永眠いたしました。
生前のご厚情に深く深く感謝申し上げます。

すでに50日祭も滞りなく行われて、
三木稔と同じ春秋苑のお墓で眠っております。

闘病もありましたが、
具合が悪化してきた今冬から様々な事もあり、
三木音楽舎としての目的「三木音楽の紹介」の部分において
大勢の方々からの楽譜などの注文に応えられないなどの失態も多々あり
大変反省もしております。

現在はすべて落ち着いて日常になっておりますが、
私的な忙しさも重なり、
演奏家の方々の期待に直ぐに応えられない事もありますが
三木稔の音楽を少しでも多くの方に聴いていただけるように
細々ですが丁寧に進んでまいります。

ご迷惑をかけた方々にお詫びを致します。
大変申し訳ございませんでした。

写真:
二人で和かに微笑んでいる写真ですが、
記録を見ると2009年7月とあります。
私がレンズを向けた10年前の夏の一時ですが、
たくさんの事を思い起こさせる貴重な写真になりました。
すべての関係者の方々の健康もお祈りして参りたいとも思います。

三木音楽舎 代表

posted by ST at 09:40| Comment(0) | その他 | 更新情報をチェックする

2018年12月08日

八年祭

12月8日
三木稔が亡くなって7年の日が過ぎました。

今日は、あちらこちらで声を掛けられて、
皆さんに三木を気に掛けて頂けていることに心より感謝をしております。

作曲家というのは稀有なもので、
過去の創作物が作品として生き続けながら、
本人が亡くなると、
作品は独り歩きして
その個人の人と成りを映す鏡となります。

三木稔、、、どういう人物? 、訊かれます。
優しくも厳しい人ですが、、、と答えながら、
あまり描き過ぎないのも大切と思います。

この日にあの時を思い起こす事、
大切に思って頂いている方が多いことに、

心より感謝しております。

これからも三木作品の価値を、
奢る事なく皆さんに紹介できる事が大切と思っております。

膨大な資料の中から、なんとか御注文に応えたいと思い
お待たせする事が度々あり忍びありませんが
そのままの三木を届けたいと思う次第です。

これからも宜しくお願い致します。

代表 榊原



posted by ST at 22:29| Comment(0) | その他 | 更新情報をチェックする

2018年11月06日

お墓参り 秋

57D83C2F-6360-4A19-AF04-06BD63D535FC.jpeg

お墓参りに行ってきました。

前日までの秋晴れとは打って変わって曇り空

見上げた天の色と同じ
白い御影石にゆっくり水を浸し
入り口水場で見つけた小さなブラシで
結の文字の内側をゴシゴシと洗うと
少しは嬉しそうに
小さな溝に吸い込まれていきました

久しぶりの父に花を供え
パンパンと手を打ち
また来月と、命日を思いました。

このブログ更新も久しぶりですが
楽譜は皆様に要望されながら
少しづつお渡ししておりま。

滞る事も多いのですが
宜しくお願いします。

posted by ST at 10:27| Comment(0) | その他 | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

三木 稔の命日

profile2.jpg
12月8日は三木 稔の命日です。

2011年12月8日に81の生涯を終えてから、
6年の日々が経ちました。
仏教では7回忌ですが、
神道ですので5年祭の次は10年祭と数え、
今年は慎まやかなお墓参りです。

たくさんの演奏家、また愛好家によって
三木作品が演奏され歌い続けられていることに
心から感謝をしております。
1986年11月10日三木指揮写真-1.jpg
亡くなっても尚、名前を呼んで頂けるばかりではなく
作品という分身を舞台に上げてくださることは
彼にとっても本望でしょうし誠に幸せなことと存じます。

私たちにとっても毎日、毎回の演奏を楽しみにしますし、
彼の残した膨大な生涯を絶やすことなく次世代に繋ぎたいと
心新たになる日でもあります。
flower20171209.jpg

素敵な献花を頂戴いたしました。
本当にありがとうございました。

これからも三木 稔 三木音楽舎共々
ご愛顧くださりますよう宜しくお願い致します。

代表拝
posted by ST at 11:05| Comment(0) | 三木の周年 | 更新情報をチェックする