2014年10月15日

出版譜面の装丁

zenonhogaku.jpg
三木 稔の譜面はいくつかの出版社に版権を預けて、
刊行されている譜面があります。

例えば合唱譜でしたらカワイ出版部、
邦楽関係は全音などが昔から何種も出して下さっています。
しかしながら浮世の紙離れも手伝い、
譜面業界はこれまでの業績を支えるのも大変で、
潤沢な在庫で期待に応える事が難しくなっています。

写真の譜面は全音から刊行されている譜面数冊ですが、
奥の初版の1970年代の譜面では
丁寧に表紙をパラフィン紙(ぶ~ぶ~紙〔〕)で覆っています。
また真ん中の次世代は紙のデザインや質に拘っています。
譜面をハードカバーの書籍並みに大切に扱って欲しいという
売り手の気持ちが込められています。

流石に現代ではこのような処理も出来ず、
また表紙の紙に凝る様なコスト高の選択も不可能ですが、
音楽家、演奏家にとって譜面は無くてはならないものです。
譜面が手に入る事はありがたいですし、
欠かさず提供をしてくださる出版社は本当に有難いものです。

次の重版ではもうこのような表紙ではないと思うと、
この保管用の譜面も時代を感じさせる貴重な譜面に感じます。
posted by ST at 21:52| Comment(0) | 楽譜 | 更新情報をチェックする

2014年10月01日

オーラJ 第32回定期演奏会

2014年10月16日オーラJチラシ.jpg
邦楽創造集団 オーラJ◆第32回定期演奏会◆

“三木稔メモリアルシリーズ”Vol.5(全6Vol.)
 ~三木稔 声楽と邦楽器合奏特集~

2014年10月16日(木)19:00開演
会場:渋谷区総合文化センター
  (大和田 伝承ホール)

プログラム:

インターベネトレーション
<融>~尺八、箏、三味線のための 作曲:金井 勇(新作初演)

<花ものがたり>(抜粋) 作曲:三木 稔
飯島香織(ソプラノ)

<三つの阿波のわらべ歌> 作曲:三木 稔
榊原 徹(指揮)
飯島香織(ソプラノ)喜田奈津子(メゾソプラノ)塚越由香里(アルト)

歌楽<鶴> 作曲:三木 稔
宇佐美瑠璃(ソプラノ)

<くるだんど>
~奄美の旋律による混声合唱と日本楽器のためのカンタータ~
作曲:三木 稔
岩佐義彦(指揮)
コールクライゼフォンミキ(Chor Kreise von Miki)(混声合唱)

入場料 一般4000円 / 友の会2500円 全自由席

オーラJについて、及びお申し込みは
オーラN公式HP:http://www.ora-j.com/

にお願いします。2014年10月16日オーラJチラシ_001.jpg
posted by ST at 12:36| Comment(0) | 公演紹介 | 更新情報をチェックする

2014年09月07日

人気の邦楽合奏曲ダンスコンNo.ⅳ<北の詩>

北の詩写真.jpg
人気のある邦楽合奏曲のご案内です

1984年に作曲された 作品79-2
〈ダンス・コンセルタント第4番《北の詩(うた)》〉です。
1)夜明け   2)ユリの踊り  3)虫たちの踊り 
4)精霊の舞   5)おどけ  6)大地に舞う

全6曲の組曲です。

三木音楽舎 にて、パート譜、フルスコアとも装丁し扱っています。
作品詳細は三木 稔ホームページをご覧ください。

三木 稔公式HP
http://www.m-miki.com/
posted by ST at 22:16| Comment(2) | 楽譜 | 更新情報をチェックする

2014年09月02日

管理出版譜面とプライベート出版

三木 稔の譜面の管理には2種類あります。

①大手楽譜出版社に権利を委託して居るもの
②管理を委託していない自筆を中心とした作品

②の譜面の管理、出版を三木音楽舎で行っています。
しかし譜面に限らず、昨今の出版事情では
印刷された譜面が在庫過多になりやすく、増版は特に少なくなります。
そうなると①の管理でも欠品が沢山でてきます。

20年前の世の中でしたら全ての管理を任せて、
放っておいた方が楽だったかも知れません。
しかし紙の存在価値が変化している現代では、
放って置くと絶版になるケースも多々あるのです。

時代に即した方法を・・・考えないとなりません。

三木 稔HPより三木の全作品は確認できます。
また〔三木音楽舎〕にご連絡を頂いてもお答えできます。

お気軽にメールにてお問い合わせください。
mikiongakusha@gmail.com
posted by ST at 09:38| Comment(0) | 楽譜 | 更新情報をチェックする

2014年08月19日

21絃筝ソロ曲 <RHAPSODY>

<RHAPSODY>1.jpg
三木 稔作品は大手出版で扱う譜面もありますが、
三木音楽舎でお分けしているものが多数あります。

1984年1月に作曲された21絃奏ソロ<RHAPSODY>(Op.91-2)は、
「松の協奏曲」の21絃奏独奏部分だけを再構成して作曲されました。
ラプソディーとは“狂詩曲”と訳されますが、
「熱狂的」と、語源のギリシャ語の「繋ぐ」という意味を重ねた
創意に相応しいタイトルとなっています。

出版社の合理的な譜面とカバーも良いのですが、
作曲者による手書きの譜面、またユニークな表紙も、
作品を理解するヒントとなるかもしれないオリジナリティー溢れる譜面です。

2100円(内税)にてお分けしています。
ご希望の方は、三木音楽舎までご連絡ください。
mikiongakusha@gmail.com
posted by ST at 20:15| Comment(0) | 楽譜 | 更新情報をチェックする